投資初心者の方は、少額で始められるものから資産運用に挑戦しましょう。

投資に挑戦する前に大切にしたい初心

老後の生活に不安を感じる夫婦

 

現代の日本では不安な先行きが予想されるため、子育てや老後の生活のことを考えてもなんとかして貯蓄を確保しておきたいものです。
そのために、お金を増やそうとして最初に思い浮かぶのが「投資」

 

とはいえ、一般的な投資にイメージされる不動産投資や株式投資など、リターンが大きい印象はあるものの、それに伴う初期投資としてまとまった額が必要となるような資産運用方法は、本当に素人が実践できるものなのでしょうか?

 

ましてや昨今の不況が蔓延する世の中で、そもそも不動産や株を買うお金なんて用意できない事が多くの家庭の悩みになるのではないでしょうか?
加えて投資は仕組みが難しい商品なため、どこから勉強すればいいのかわからないことも問題です。

 

そのような投資初心者は、まずは練習だと思って「少額から始められる投資」を選択して実行すると良いでしょう。

 

 

初心者が始められる投資一覧

まずは少額で始められる投資にどのようなものがあるのかチェックしていきましょう。
少額から始めることが出来るもので、かつ最初から「大きな利益と引き換えにリスクを取らない」ような初心者向けの投資は以下のようになります。

 

株式累積投資(るいとう)

「株式累積投資(るいとう)」とは、毎月決まった日に決まった銘柄を決まった金額ずつ購入するような株式投資のこと。

 

一般的な株式の購入には「単元」という購入の最低ラインが決まっており、1株あたりが安くても結果的に数百万円から始めなければいけないというデメリットがあります。
しかし、るいとうの場合は1万円という少額からスタートすることも可能に。

 

また、毎月一定金額で購入することで少しずつ積み立てていくスタイルになるので、無理のない株式投資を実現することが可能です。
このような「るいとう」におけるメリットは、ドルコスト平均法と呼ばれることもあります。

 

ETF(上場投資信託)

「ETF」は上場投資信託のことで、株式と同じような動きで利益を運用・管理できる投資信託です。
一般的な投資信託と比べ、購入時の手数料や管理・運用にかかる信託報酬が安く設定されているため、比較的取り組みやすい投資の種類になります。

 

信託報酬が比較的安いETF

 

投資は単元での購入になります。しかし、ETFと同じような運用を個人単位で行おうとすれば数十億規模の費用を用意しなければいけないため、メリットのある購入方法と言えるでしょう。

 

投資信託に関するある程度の知識は必要になりますが、オススメの投資方法です。

 

ミニ株

「ミニ株」は、一般的な株式投資における最低単元の1/10程度の単元で株を購入し運用できる株式投資になります。
例えば、通常1株1万5,000円(最低単元100株)だとすると、株式投資を始めるのに150万円の元手が必要になりますが、ミニ株を用いれば15万円から株式投資を始めることが出来るでしょう。

 

購入単元は少なくても、運用方法は通常の150万円で購入された株式と同様の流れで行うことが出来ます。
株を保有することで配当金を得ることも出来ますし、購入時より高い価格のときに売却して利益を得ること(キャピタルゲイン)も可能です。

 

投資の開始には専用の口座を開設する必要があることには注意しておきましょう。

 

NISA

「NISA」は、少額で行える投資の中でもトレンド的商品になります。
NISA口座という特別な口座を開設し、その中で運用した一定の株式や投資信託から生じる利益が非課税になるという異例の優遇措置が取られた投資商品

 

投資初心者にオススメのNISA

 

1年間で120万円までの投資に係る20%程度の税金が控除となるため、単純に1年あたり24万円近くの利益を出すことが出来るのです。

 

国内に住んでいて20歳を超えていれば誰でも活用することが出来る「金融庁にも紹介されている」オススメの投資商品となります。

 

ソーシャルレンディング

貸付型クラウドファンディングとも言われる投資手法の一つです。
レンダー(お金を貸したい個人)とボロワー(借入をしたい企業)を繋ぎ、その利息を配当するという仕組みで成り立っています。

 

一口1万円〜、期間は数ヶ月〜3年程度と「少額」「短期間」で運用できることから、副業投資家にも好まれています。
また、少額からスタートでき「ローリスク・ミドルリターン」な性質から初心者投資家の第一歩としてもお奨めできる手法です。

 

初心者向けソーシャルレンディング講座

 

投資は儲けるだけの道具ではない

「投資は難しく危険な取引だ」というイメージが先行してしまいますが、すべての投資がハイリスク・ハイリターンの一攫千金を狙った取引ではありません
なかにはローリスク・ローリターンで「守りの投資」と言われる商品があるほどです。

 

確かに、上手な運用を実現するには知識が必要な分野となります。
そのため、まずはご紹介したような初心者向けの投資で着実に経験を積んだ後に本格的な投資に着手するようにしましょう。
そうすれば、ギャップの少ない実践に移行することが出来るのではないでしょうか。

 

TOPへ