ヘッジファンドでは複数の資産を扱うためリスク分散のメリットがあります。

ヘッジファンドとは

莫大な資金が必要なヘッジファンド
「ヘッジファンド」とは、複数の投資家から募った大きな資金を元に投資を行い、生まれた利益を配分する投資方法です。
よく似たスタイルの投資に「投資信託」というものがありますが、ヘッジファンドの多くは狭い範囲の投資家にのみ募集がかけられるため、開けた投資商品では有りません。

 

また、資産運用の方法が多様化されており、似通った投資方法に比べても様々な手段・運用方法が実現できることから、リスクヘッジという観点では高い効率を誇る投資方法になります。

 

ヘッジファンドのメリットとは

ヘッジファンドは投資信託に似ていますが、少し異なる商品となります。
投資商品という観点から見ても特徴のあるメリットをご紹介いたします。

 

あらゆる手段で収益を追求する

「とにかく収益を上げる」この信条のもとにヘッジファンドの運用は成り立っています。
収益を上げると考えたときに、株式や債券のような流動的な資産を用いて投資するだけでは価格下落のリスクに対応できない場合もあるため、先物取引やオプションと言った高難易度のデリバティブ取引もふんだんに取り扱うのです。

 

分散投資で高いリスクヘッジを実現

絶対的な収益の確保を実現するために、ヘッジファンドでは自然と複数の資産を取り扱うことになります。
そのため、投資の基本となる「分散投資」の形を取ることになり、リスクヘッジ効果も最大まで引き出すことが出来ます。

 

また、運用を完全にヘッジファンド側に委託する形にはなりますが、専門家のレベルは通常の投資信託よりも高くなっています。
お金があっても個人でここまでのレベルの投資を実現することは難しいため、非常にメリットのある投資活動になるでしょう。

 

商品の特性がデメリットになりかねない

投資のレベルとしてはかなりの高水準にあたるヘッジファンドですが、しっかりとデメリットと言える側面が確認できます。
ハイレベルのサービスを実現するために必要な考えを確認しておきましょう。

 

高額出資者のみが参加できるものが多い

投資信託との一番の違いとしても挙げられ、同時に投資初心者にとってのデメリットにもなるヘッジファンドの特徴として「最低投資金額が高い」という問題があります。

 

ファンドの運営はトップクラスの専門家により行われており、絶対的な利益追求を実現するからこそ、最初に1,000万~数億円に上る投資資金が必要になるのが一般的です。
メリットが高いからと言って気軽に参加できない点に注意しましょう。

 

上級者向きの人を選ぶ投資になる

ヘッジファンドは投資信託と似たような投資の仕組みになりますが、その規模は圧倒的に大きいものになります。
参加するために必要な資金は数千万円を軽く超えてくるため、初心者が投資を知るために活用する商品としては不向きでしょう。

 

初心者にはまず従来の投資信託等で少額投資を経験してから投資に慣れていく必要があります。
ヘッジファンドは不動産や圧倒的な流動資産を所有する実力者にオススメの投資になるのではないでしょうか。

TOPへ