初心者にはメリットの多い投資信託ですが、リスクにも注意しましょう。

投資信託とは

「投資信託」とは、投資商品の1つです。
複数の投資家から集めたそれぞれの資金を1つに取りまとめ、大きくなった原資を運用会社に在籍する投資の専門家が、株式や債権などの複数の商品に投資を行い運用します。

 

投資家にはプロによる運用の結果で得られた利益を返還するといった仕組みです。

 

投資信託には大きく分けて4つの役割が存在します。

  • 資金を提供する「投資家」
  • 投資家が投資信託を購入するための「販売会社」
  • そもそもの投資信託を作り上げ運用の指示を行う「運用会社」
  • 投資家から募った資金を取りまとめて管理・運用する「管理会社」

 

複数のプロによって運用されるため、個人より幅広い投資活動が行なえます。

 

投資信託を選ぶメリット

投資信託のメリット
投資信託はこれから投資を始めようとする初心者に対して特にメリットのある商品になっています。

 

少額から始められる

初心者が投資を始めるにあたって、いきなり大きな金額を投入したりレバレッジを効かせすぎたりといった投資を行うと失敗するケースは過去に多くの例を生み出してきました。
そのため、現在では「初心者は少額の投資からスタートするべき」というのは常識となっています。

 

投資信託の場合は最低価格で1万円からスタートという商品も珍しくありません。
株や債券を購入する際の「最低単元」という考えもないため、非常に始めやすい投資商品となっています。

 

分散投資でリスクを軽減

投資の基本に「分散投資」という考え方があります。
株式や債券など、1つの種類にこだわらず多くの投資先を用意することで倒産等のリスクに備えるという考え方です。

 

多くの場合、この考え方を知っていても資金の少ない個人ではなかなか実行できないと言う問題があります。
しかし投資信託を活用すれば、少ない資金を沢山の人から集めて大きなお金にして投資を行うため、投資信託の購入者というだけで分散投資を実現でき、リスクが軽減できるのです。

 

投資信託を利用する上でのリスク

投資信託のリスク
プロに運用を任せても100%投資が成功するとは限りません
投資信託に考えられるリスクも覚えておきましょう。

 

元本保証はされていない

投資信託では株や債券などの値段の変動が起こりうる商品を運用しています。
そのため、業績や政治的な影響を受けて投資商品の価格が下落したり、株式や債券の発行企業の支払い能力に対する信用リスクが発生するといった事情は常に考えなければいけないでしょう。

 

投資を学ぶためにオススメの商品

投資信託は少ない資金での参加にも関わらず、プロの技術で管理・運用を任せることが出来るため、投資経験の浅い初心者に有効的な商品になっています。
しかし、プロに任せるとはいえ相応のリスクも付きものです。

 

そのため、自らも資産を守る行動ができるように、投資信託を利用して経験を積みながらも自分の判断で投資を行えるように勉強を続けるという活用の仕方がオススメされるのではないでしょうか。

TOPへ