低リスクな取引を行うために、分散投資と長期投資の基本を学びましょう。

投資における2つの運用方法

投資のリスクを抑えるための2つの考え方

 

投資を行うならば、最も意識したいのは大きな利益を得ることでなく「大きな損失を被らないこと」です。
そのために「分散投資」と「長期投資」という2つの基本的な考え方を知っておく必要があるでしょう。

 

分散投資とは

「分散投資」とは、投資を行う際に1つの分野に限定せずに、投資先を複数の形に分散する投資方法を指します。

 

例えば100万円の資金がある場合に、A社の株式を100万円分買うのではなく、A社株式は30万円分、他に国債を30万円分と残り50万円は不動産投資に活用する、などといった具合に投資対象を分散する運用方法が分散投資です。

 

分散投資のメリット

分散投資の目的はリスクの分散です。
もし仮に100万円全てをA社にのみ投資していれば、ある時期までは順調に投資が進んだとしてもA社が倒産したときに全ての投資額が損失に変わってしまうかもしれません。

 

逆にA社やB社、国や不動産などあらゆる資産に対して投資を行えば利益も分散するため、時間はかかりますが損失は最低限に抑えられるメリットがあります。
また、少しずつ積み立てれば購入の負担も軽減するため、無理のない投資を実現できるでしょう。

 

 

長期投資とは

「長期投資」とは、長期的な観点で安定的に投資商品を運用する投資方法を指します。

特に投資において「複利運用」を行った場合は投資期間が長ければ長いほど利息が積み重なっていき、最終的に受け取れる金額が大きくなることから、投資は長ければ長いほうが良いという意見もあるほどです。

 

長期投資のメリット

長い目で見て最終的な利益を確保する投資方法だけに、直近で目立った利益があげられなかったり、逆にあまりに長い期間の投資だと先行きの予想が難化したりすることも。

 

しかし、売買における手数料や税金計算などの手間が発生するといった損失は大幅にカットできる上に、やはり安定的な収入ラインを形成することは投資の運用方法においてメリットが大きいと言えるでしょう。

 

 

組み合わせることで最大限のリスクヘッジが可能

投資において、どちらの投資方法が最もリスクが少ないかと言われると「両方をあわせた投資方法が一番リスクが低い」という答えになります。
なぜなら、世界という市場で投資を考えると「長期的に成長を続けているから」という結論に至るからです。

 

分散投資では株式や国債などの投資商品の種類に加えて、投資する国も複数に分散することが出来ます。

一部の国で短期的な損失が見られても、投資先を分散し、かつ長期的に運用することにより、そのうち景気を持ち直して収支がプラスになる見込みも十分にあるでしょう。

 

投資を上手に行うためには、それなりの知識と専門家のアドバイスが不可欠になりますが、少なくとも「危険で触れたくない分野」という認識は改められたかと思います。
ある程度の知識を身につけたら、小さな額の投資を経験することから始めてみてはいかがでしょうか。

TOPへ