昔と違い、現代の社会には投資を始めるべき理由が多く存在します。

お金を貯めるだけでは立ち回れなくなる?

貯蓄だけでは生きていけない今後の社会

 

「投資」と聞くと、大きなお金を動かし、失敗すれば取り返しのつかないほど大きな借金を抱えることになるような「一攫千金」のイメージがあるかもしれません。
そのため、多くの方が「投資を始めませんか?」と言われると「自分には出来ない」と尻込みしてしまいます。

 

確かにある程度の知識と戦略が求められるため、誰でも成功するとは限りません。
しかし、これからの時代は、お金を貯蓄しておけばいいだけの時代ではなくなっているのはご存知でしょうか?

 

 

投資を始めるべき理由

私達が将来安心して暮らすためには投資を視野に入れる必要があります。
その理由は以下のように述べることが出来るでしょう。

 

銀行預金に預けるだけじゃ増えない

現在の日本は、デフレの影響で「超低金利」と言われる時代に突入しています。

例えば、金利0.001%という超低金利の状態のまま銀行にお金を預けたところで、100万円を1年間預けてもたったの1,000円しか増やすことが出来ません。

 

ましてや現在のデフレ状態が改善されれば、次第にインフレの時代へ突入…。
一般的にインフレ状態ではお金の価値が下がる傾向にあるため、預金の数字に変動はなくとも資産価値としては下落することが避けられません。

 

そのため、「貯める」のではなく「増やす」方向で運用を進めなければ現状維持もできないのです。

 

 

年金で満足の行く生活が送れない?

近頃は「老後2,000万円問題」という形で、現役世代に衝撃が走るニュースが広まりました。
これは、年金が通常通りの支給額だとしても、老後の一般家庭における平均的な消費支出と照らし合わせると、生涯で2,000万円近くのお金が不足するという問題です。

 

最低限の生活が保証されていたとしても、余生を楽しむという意味では多額のお金が必要ということになります。
現役時代にどれだけ頑張っても2,000万円を貯めるのは一筋縄では行かない問題のため、投資などの資産運用を早いうちから戦略的に行う必要があるでしょう。

 

少額で始められる投資も増えてきた

投資といえば大金を用意できる富裕層がさらなる増資を目的として行える戦略のように思われがちです。
投資を始めるための原資が用意できずに諦めてしまっている人も多いでしょう。

 

最近少額投資を始めたサラリーマン

 

しかし、まずは練習をしたいと言うのならば、特別大きなお金が必要とは限りません。

 

近年、ミニ株やるいとう、ETFなど少額から始められる投資商品が非常に多くなっています。
それぞれ通常の単元で購入する場合と比べてデメリットとなる側面も見受けられますが、投資の入門として経験値を積むには最適な商品になります。

 

 

いまからでも投資を始めるのは遅くない

投資を始めない理由として最も多いのが「資金不足」です。しかし、最近では少額から始められる投資商品も充実してきています。

 

ただお金を貯めておくだけでは先行きが不安な現代において、少しずつでもお金を増やす方法を探していくことが大切になるのではないでしょうか。

TOPへ